良いの押し売り

日常

世の中に絶対に良いものってあると思いますか?

私はそれはないと思います。

そもそも良いとはなにか。

良いという言葉は相対的であるはずで

絶対的ではないです。

ゴルフより釣りのほうが良いとか

千葉より東京のほうが良いとか

比較を表す言葉だと思います。

もっと言えば

ゴルフより釣りのほうがお金がかからなくて良いとか

千葉より東京のほうが交通が便利だから良いとか

比較があって尚且つ何が良いのかが明言されるべきです。

でもそれって前者であればお金に関してのことだけですよね。

お金を出すことを苦に思わない人にとっては

ゴルフより釣りが良いとはならないわけです。

後者も同じで仕事がテレワークの人だったら

交通が便利というだけで

東京のほうが良いとはなりませんよね。

だけど人は良いという言葉にだまされて

良い会社や、良い家庭、良い生き方を求めます。

本当に良いものは自分の中でしかないのに。

こっちのほうが良いのに~とか他人に言われることがあると思いますが、

良いの押し売りに負けず

自分の価値観を大事に生きていきたいですね。

良いブログ書きて~

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました