流行りの呪い

日常

毎年流行りの服や流行りの色があってその速さは目まぐるしいですよね。

ちなみに2022年の流行りの色は知ってますか?

ジョリー・コーラル(Jolly Coral)(オレンジっぽい色)

ベリー・ペリ(Very Peri)紫っぽい色)

らしいんですが

この流行色って2年前にある機関が

「この色で行こう!」って決めてるんですよね。

その機関が国際流行色委員会といって

日本を含む17か国が所属しています。

その色をメディアが報道して

店舗が押し売りし、消費者が買い

流行りが作られるわけですが

私はその人為的な流行りを作るシステムに違和感を覚えます。

本当に良いものを多くの人が評価して

後天的にその物に価値が付与されてそれが需要を生み

流行りとして認知されるという流れの流行りはよく理解できるのですが、

前者は何もないものに流行りという価値を与えているだけです。

その物自体には何も価値がないのに。

ただこの手法は何年も行われており

それで多くの人の購買意欲を刺激しているのも事実です。

社会心理学的に分析すると

人間は独自性と同調性という一見相反する心理を持っており、

この流行りの仕組みは

独自性と同調性によるものと言われています。

独自性:他と違い、その人またはその事物だけに備わっている固有の性質。独特の個性。

同調性:集団内の大多数の人々が一致して示している行動,態度,集団の標準,規範などに合致する,あるいは類似した行動や態度をとること。

流行りが始まったときに人間は他の人より早く商品を手にしたいという独自性が働きます。

次に他の人と同じものがほしいという同調性が働く人々が商品を購入します。

すると最初に商品を手にしたグループの人達の独自性が働き、また違う最新の流行り商品を買います。

してやられてませんか?

確かに今自分が物を購入する時も

この独自性と同調性に沿って選択している節があるとおもいました。

カラーは流行りの色だけど

ブランドはかぶらないのにしようとか

またその逆とか、、、、

ほんとに世界は人間の心理を

うまく利用しているなと思います。

流行りの呪いから解放されたいです。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました