死ぬのめっちゃ怖くね?

日常

子どもの頃死ぬのめっちゃこえーって思ったことありません?

今も深く死について考えると

どうしようもなく怖くなる時があります。

死そのものよりも

死んだらどうなるんだろう?

死後の世界ってあるのかな?

なかったらどうなるの?

無になるの?

ってことは今生きてる意味は?

って考えてしまって

すごく怖くなります。

死んで無になるなら今生きていることの意味や

今まで成し遂げてきたことは何の価値もありません。

なんなら自分自身の存在価値ですら意味ないです。

いわゆるこのような考え方をニヒリズム(虚無主義)といいます。

ニヒリズムというとドイツの哲学者ニーチェ(1844-1900)が有名ですが

その時代からこのような考え方があったんですね。

だからこそ救いを求めたり

恐怖から解放されるために

多くの宗教などがあるのだと思います。

でも結局死んだらどうなるんだろうという疑問に対しての

答えって生きている人間には絶対にわからないし

考えるだけ無駄ですよね。

でもじゃあ

どう生きるの?

って考えるのは大事だと思います。

ニヒリズム的な解釈でいうと

「物事の意義や目的といったものは存在しない、自分自身の存在を含めて全てが無価値だ」となり

 安楽がよい、冒険しない、憧れというものを持たない、とだらだら毎日を過ごして生きていく

生き方になります。

そんな生き方楽しくないですよね。

すごい不幸もない代わりに

ものすごい幸福も訪れないでしょう。

でもそんなニヒリズムにも救いがあります。

それは積極的ニヒリズムと呼ばれていて

「人生の価値なんて意味がないんだから

自分で人生の意味を創造しちゃえばいいじゃん!」

という考え方です。

めっちゃポジティブですよね。

意味ないから何でもいいじゃん!ってことです。

釣りで大物を釣ることに価値を見出すこと人もいます。

珍しい魚を釣ることに価値を見出す人もいます。

また友人と一緒に釣りをする時間に価値を見出す人もいます。

それぞれ違った価値観ですが

その人にとって自分の人生を幸福にするのに必要なことです。

自分が何に価値を置くかは自由です。

そうするとすごく人生が開けた気がして

何でもできる気がしますよね。

価値観が違うと分かれるカップルがいますが

ちゃんちゃらおかしいですね。

価値観なんて全員違います。

価値観が違うことを分かった上で

その価値観を認め合うことのほうが大事だと思います。

話はそれましたがそんなこんなで

自分の人生を自由に生きたいよなというお話でした。

あなたは自分の人生にどんな価値を創造しますか?

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました