人見知りは小リスクノーリターン無保険

日常

世の中は人見知りという言葉を乱用している。

人と話すときに枕詞で

「私人見知りなんで」という人が多すぎると思う。

私にはそれはどうも「お前が話せ」

という風に聞こえるのだ。

まあさすがに極端ではあるが

「人見知りです」という言葉に

そのようなニュアンスがあることは否めないと思う。

かくいう私も昔人見知りという言葉を多用していた。

もちろん上記の意味で使っていたわけではない

むしろ逆の意味である。

『私は人見知りです=うまく話せなかったり

リアクションできないときがありますが

あなたのことは嫌いなわけではないので

安心してください』

とこういった感じだ。

しかしそれは相手側からしたら

会話の主導権をあなたに任せましたよと同等である。

(実際にそのような意味で使って会話をシャットダウンしている人もいるではあろうが)

本当に相手と仲良くなりたいのであれば

「私は人見知りです」という安価な保険を

使うのではなく

相手と双方向のコミュニケーションが取れるように

頭を使いたいものである。

つまり何が言いたいかというと

人見知りという言葉は

小リスクノーリターンである。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました